選択肢が広い!超大型犬のペット葬儀で人気のあるサービス

ペット葬儀の種類から選ぶ・超大型犬に適した葬祭サービス

ペット葬儀の選択肢は様々

ペットの看取りから葬送まで、最後まで寄り添う飼い主が増えています。特に大型犬の場合、さまざまな制約や費用面での問題が発生する場合がありますので、大型犬のペット葬儀を検討している場合、どのような葬儀スタイルがあるか把握し、選択肢をいくつか用意しておくことをおすすめします。

大型犬の場合も選択できるペット葬儀の種類

合同火葬によるペット葬儀
複数のペットの遺体と同時に火葬を行なうのが「合同火葬」です。ペット葬儀社に一任することができるので、飼い主の負担は減ります。ただし、火葬に立ち会うことができませんし、複数の遺体を同時に火葬しますので、遺骨を手元に残すことは不可能となります。火葬後はペット霊園の合同墓地に埋葬されます。このようなデメリットがあることも考慮しましょう。
一任個別火葬によるペット葬儀
ペット葬儀社にペットの火葬を一任しますが、大事なペットの遺体のみを個別に火葬する形態を指しています。個別での火葬となりますので、遺骨を手元に残すことができます。飼い主はペット葬儀社に遺体を引き取ってもらい、骨壷に入った遺骨を返してもらうだけなので、負担は少ないのですが、火葬の際の立会いはできません。
立会個別火葬
ペット専用の火葬場へ出向き、火葬に入る前の儀式を火葬場で行なうことができます。人間の火葬と同様、火葬後の遺骨を拾うことも叶います。ペット葬儀社の計らいで、遺体を清めることや毛並みを整えることができ、ペットとの最期のお別れの時間を取ることができます。その場でペットの毛や爪を切ることも可能です。

統計では合同供養を選択する人が多い

ペットの火葬に関する扱いで統計を取ったところ、多くの方が「合同供養」を選択していることが分かりました。費用面や労力面などを考慮した結果、合同供養を選ぶようです。最期まで寄り添いたいという方は、立会個別火葬や、一任個別火葬を選択することをおすすめしています。ペット葬儀社でも、あらゆるニーズに応えられるような葬儀の形を展開しています。

超大型犬は立会い火葬が難しい?

超大型犬の飼い主の多くは、個別での立会火葬などを希望するようです。ただし、超大型犬の立会火葬はペット葬儀社側が「難しい」と断ることもあるようです。なぜ、超大型犬の立会火葬は難しいとされているのでしょうか。

超大型犬の立会火葬が難しくなる要因

要因その1~超大型犬の火葬は深夜になるケースがある~
体長が成人に近い大きさの超大型犬の場合、火葬に時間がかかることが見込まれます。人間の火葬のように、強い火力で火葬をすることができないということがまず理由として挙げられます。また、時期によってはペット火葬が立て込んでしまうため、個別火葬の場合、短時間で火葬が済む超小型~小型のペットを優先に火葬を行ない、時間がかかる超大型犬は深夜帯に行なわれることが常です。
要因その2~火葬装置の冷却待ち時間が長い~
移動火葬車や独自の火葬装置を持つペット葬儀社もあります。会社の規模によっても変わりますが、たいてい火葬装置は1台限りの保有となります。火葬装置が完全に冷えなければ次の遺体の火葬をすることができません。特に超大型犬の場合は強い火力で時間をかけて火葬するので、終了後の冷却に時間がかかります。作業効率性に影響するため、立会での火葬は難しいでしょう。
TOPボタン
超大型犬も対応可能!ペット葬儀の選択肢が幅広いワケ